コンサートへの招待

コンサートへの招待

コンサートを楽しむコツ

コンサート会場が特殊な場合は服装に注意

コンサートスタッフとして働く

音楽を身近に感じるコンサート

コンサートの席を選ぶコツ

お問い合わせ

コンサートへの招待

コンサートを楽しむコツ

一般的にコンサートといえば、クラシックの演奏会をイメージされる方が多いと思います。そして、同時に堅苦しいマナーがあって、正装しなければならなくて、といったようにコンサートに対して敷居が高く感じていらっしゃる方が非常に多いです。しかし、いかにクラシックといえど芸術の面を持ちながらも、娯楽のひとつであるという側面も持っているので、行かずに楽しめないなんて損!ということでここでは楽しむコツをご紹介します。
実は、ガラ・コンサート(正装)以外は、スーツにドレスコード、といった服装でなくても良いのです。もちろん会場によって異なりますが、男性はジャケット、女性は結婚式二次会の衣装のくだけたモノ、といった雰囲気で大丈夫です。会場の規模が地方ホールや会館であれば、それこそ普段着を少しフォーマルにした程度で構いません。
そして、会場に入る時間ですが開場時間から開演時間まで30分から1時間の空き時間があります。その間に余裕を持って入るようにしましょう。あまり早くに会場に着くと入場待ちが長く寒空の下・炎天下のもと待たされてしまうため注意です。
余談ですが、当日演奏される演目に目を通しておき、できるならば予習をしておくと更に楽しむことができます。一切知らずまっさらな気持ちで挑むのも良いですが、クラシックに慣れてない方がそれをすると、途中で居眠りをしてしまう…ということも多々あるのでご注意を。

コンサートの楽しみ方

初めてコンサートに行くという人が楽しめるようなことを説明します。コンサートに行く時の必需品はチケット、ペンライト、タオル、飲み物、貴重品があれば大丈夫です。まず開演前にグッズを買いましょう。その時限定のTシャツや生写真やタオルなどが売られてます。そのグッズをみにつけて楽しむことをおすすめします。そしてチケッオにかかれた座席にいきましょう。座席に着いたら他のお客さんの邪魔にならないように自分の手荷物を小さくまとめましょう。人の迷惑になるようなことをしてはいけません。そして開演したら存分に楽しみましょう。ペンライトをふって楽しんでもいいです。声をだしてコール&レスポンスをしてもいいのです。2時間くらいの時間を存分に楽しんでください。終わった後はすっきりとした気持ち、楽しかった気持ちになるでしょう。また行きたいと思う気持ちにもなるでしょう。
会場全体がそんな気持ちにならないといけません、自分ひとりだけ楽しむのはいけません。過剰にペンライトを振ったり、高いところで振ったり高くジャンプしたり大声をだしたりと周りの人に迷惑かけないような楽しみ方をしてください。そしてみんなが楽しめるようなコンサートにしてください

Valuable information

新宿の皮膚科
http://www.shinjyuku-hifuka-manga.com/
新宿 耳鼻咽喉科
http://www.shinjyuku-jibika-manga.com/
新宿の内科
http://www.shinjyuku-naika-manga.com/
新宿の泌尿器科
http://www.shinjyuku-hinyoukika-manga.com/
サッカーのユニフォームをオーダーする
http://uniformlab.jp/
錦糸町 美容院
http://www.arche.ws/
大学でキャビンアテンダントを学ぶ
http://www.obirin.ac.jp/professional_arts/business_management/courses/aviation_management_course/airline_hospitality/
立川 ヘッドスパ
http://rienge.jp/

2016/6/17 更新

コンサートへの招待